名古屋市名東区の内科・小児科・循環器内科こだまクリニック。嘱託産業医・認知症サポート医など。

電話:052-705-0550

〒465-0053 名古屋市名東区極楽1丁目1番地

高尿酸血症

  • ホーム
  • 医師・スタッフ紹介
  • クリニック案内
  • 診療案内
  • 初診の方へ
  • よくある質問
  • 地図・アクセス
  • 求人案内
初診用問診票ダウンロード

初診の受診時にあらかじめ、問診票をご持参頂きますと、手続きが早く進みます。

インフルエンザ問診票

高尿酸血症とは

性別・年齢を問わず血清尿酸値が7.0mg/dLを超えると高尿酸血症です。
尿酸は、食品に含まれるプリン体が有名ですが、全体の20%に過ぎず、残りの80%は体内でつくられるエネルギーの燃焼遺残や遺伝子が分解されて生じる老廃物です。できた尿酸は尿中に排泄され、体内の尿酸は常に一定に保たれています。体内でつくられる尿酸の量と体外に排出される尿酸の量のバランスが崩れると尿酸値が高くなります。
飲酒,食事,運動などでも変動し、明け方が高く夕方に低下します。また、高尿酸血症は、痛風や腎障害の予備軍であり、高尿酸血症が長く続くと、尿酸の結晶が体のあちこちに沈着し、関節内に析出した尿酸塩が起こす血症誘発性関節炎が激痛で知られる痛風発作を起こしたり、肘や手の甲耳介など体温が低い所に痛風結節ができたり、尿路結石ができたり、痛風腎を引き起こします。

最近では、肥満、高血圧、糖尿病、脂質代謝異常、高血圧症などの生活習慣病や慢性腎臓病(CKD:Chronic Kidney Disease)を合併症しやすいので、生活習慣を改善することが最も大切と言われています。
なお、痛風は高尿酸血症が持続した結果として生じるので、痛風と高尿酸血症は同義語ではなく、痛風発作中に血清尿酸値は低値を示すことがあります。
高尿酸血症の治療は、尿酸を体内でつくられるのを抑える(尿酸生成抑制)薬と尿酸を体外に排出する(尿酸排出促進)薬があります。
尿酸値は、ゆっくり下げて治療目標値(尿酸値6.0㎎/dl以下)を維持しましょう。
そのためには、①食事の量を抑えて体重を減らして肥満を解消しましょう。②アルコールを減らしましょう。③水分は一日2L以上を目安に取りましょう。④ストレスを上手に発散するために、軽い有酸素運動を継続しましょう。

Page Topへ